新型コロナは「人工的に作られた可能性あり」=台湾の学者

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00000007-ftaiwan-cn

(台北中央社)台湾大公共衛生学院の方啓泰教授が22日、新型コロナウイルスについて、学術的には人工的に作られた可能性があるとの見方を示した。結論に至るには詳細な調査が必要だとしている。もし事実であった場合、自然界で存続することは難しく、全ての患者が治癒すれば消失するという。

この日は、新型コロナウイルスや公衆衛生をテーマにした台湾公共衛生学会主催の講座が台北市内で開かれ、方氏は講師の一人として講演した。

新型コロナウイルスをめぐっては、中国の研究所で人工的に作られ、それが外部に流出したことを疑う声が上がっている。方氏はこれについて、中国科学院武漢ウイルス研究所には危険性の高いウイルスが保管されているが、所内の管理状況には多くの欧米の学者が前々から疑問を抱いていたと指摘した。

その上で新型コロナウイルスに言及し、コウモリの身体に見られるコロナウイルス(RaTG13)と96%一致することがこれまでの研究で判明しているが、ウイルス学の観点に立てば99%以上でなければ一致とは見なせないとした。

また、他のコロナウイルスにはない4つのアミノ酸残基が含まれていることをフランスの研究チームが発見したと述べ、進化における突然変異でこうなる確率は非常に低く、実験室の中で人為的に加えられた可能性が考えられるとの見解を示した。

方氏はこの見解について、今は学術上の理論でしかないと強調。これを証明するためには実験室で証拠を探すなど内部調査が必要であり、短期間には答えは出ないだろうとしている。

やはり人工ウィルスですかね?

塩基配列から考えると突然変異の確率は低そうで、やはり遺伝子操作のウィルスですかね。
ぜひ米国には中国の責任問題の追及に頑張ってもらいたい!

自然発生なら、WHO・米国CDC等の受け入れを拒否する必要もないし対応の不自然さが際立っていた理由はこれですかね。
武漢封鎖ということも影響力の大きさを知っていたから決断できたかもしれません。

唯一の朗報は「 もし事実であった場合、自然界で存続することは難しく、全ての患者が治癒すれば消失するという。」という事ですかね。
本当に終息するのか疑問もありますが、毎年毎年の発生は無さそうですね。
(SARSが良い例ですね)
当然、今回だけで終わるとなると企業も「迅速キット・治療薬の開発」にもお金をかけない可能性はありますね

問題は高温多湿の地域でも感染拡大しているのに本当に終息するのか?という事につきます。(シンガポールとインドネシアの感染数に注視です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です